2015/02/26

Nebula 4000 Lite Test

自転車に乗り、移動ショットを撮ろうと、試行錯誤して早1年。
これなら、なんとか見られるのではないかと思いますが、いかがでようか?





Nebula 4000 Liteというスタビライザーに、GoPro HERO4を載せ撮影しています。
片手運転は、危ないとの指摘もありますが、ゆっくり走れば、ま、大丈夫でしょう。
自転車は、BROMPTONなので、小さな振動がひどく、抑えきれていません。
石畳を避け、なるべく綺麗な道を通り必要があります。

これから、いろいろな『道』を撮影して行きたいと思っています。

2013/09/20

パリの町中で、ちょっと危ないやつがいました。

2013/07/23

l'Etape du tour 2013 C'est parti!!


と、いうことで、朝日を浴びながら、スタート地点へ

今年は、なんと11 475人もの参加者が!
すごい数ですねー!


そして、いよいよ、第21回エタップ・デュ・トゥールがスタート!


スタートしてすぐの平な湖畔のコースは、自分より早そうな人を見つけ、
ぴったりと付いて行き、とにかく早くクリアー。


沿道には朝早いのに観客の姿が。


そして、登りが始まった!

"Côte de Puget"
までは、難なくクリア。
そして、この先にある、
"Col de Leschaux"
も、サラッとかわした!
 ここまで来たら、もうこっちのもの。
あとは、中間地点の、
”St-Jean-d'Arvey"
までノンストップで 走り抜く!


素通り☆


"Col des Prés"
を通過。ここまでで、2時間57分経過。
なかなかいい調子♪

そして、やっと、
”St-Jean-d'Arvey"
の補給所に到着!

ヴィッテルを入れてくれるのかと思ったら、
水道水をホースから直接だと、ボトルに入れにくいので、
ヴィッテルのペットボトルに移して、入れてくれた。

さーここからはいよいよ、1463mの
"Mont Revard"
今の標高が600mだから、
860mの標高差を15Kmかけて登るってこと。


がっ!しかし・・・
ここにきて、疲れがっ!
そして、膝が痛い!

だめだ。休もう。
休憩。


バナナは頂きましたが、
干しぶどうと、干しイチジクは、ちょっと・・・。

あんまりのんびりしている場合ではないが、
15分ほど休憩。
そして、登る登る・・・。
無事に、山頂までたどり着いたが、
もう、写真を撮る気力なんて残っておらず、
写真は無し。
下って、平らになるかと思いきや、
ゴールの山、
"ANNECY SEMNOZ"
の登り口までの道のりは、結構起伏があり、
膝に負担が・・・。



そして、やっと、麓に到着。
さー最後の登り!ファイツゥ!
この時点で、すでに6時間30分が経過・・汗

写真も、うまく撮れなくなってる・・・。


もー膝が痛くて、腿があがりません。
ペダルは踏めません。
ごめんなさい。

タイムアウトになるかもしれないという危機感で、
とにかく、押してでも、前に進む事に。
周りには、同様に自転車を押す人が多くなりました。

ビンディングペダルって、歩きにくいんですよね。
しかも登りだと・・・。
だから、やっぱりゆっくりでも、乗ってこいだほうがいいです。


足が、動かなくなってしまった・・・。
どーしよう。。。

戻ってくる人がたくさんです。
膝の痛みがあまりにひどかったので、
制限時間を気にしながら、1Kmごとに休憩を繰り返し、
 少しずつ登りました。


おー!やっと、後1キロだ!
と、その直後、ゴールまであと300m のところで、
左足のすねが、つってしまいました!
倒れそうになったのを、そばにいた人に支えられ、
自転車を降りました。危なかったー!
しばらく休んで落ち着いたところで、
自転車をおして、ゴールへ。


ちょっと手前で、自転車にまたがり、
乗った状態でゴール!
長かったー! つらかったー!
この瞬間は、感動で、涙が出ました。


完走者の証のシールを貼ってもらい、
ビラージュへ戻ります。

そして、このゲートをくぐり、


メダルを受け取ります。

 9時間51分15秒という長い時間はかかりましたが、
なんとか、完走する事ができました。

今年の参加者は、11 475人と前記しましたが、
完走したのは、10 624人で、ほとんどの人が、完走できたようです。
ちなみに僕の順位は、10528位です。
ギリギリでした。うしろに100人しかいなかったんですね。

ここ数年は、練習不足で、エタップは、
参加する事に意義があると割り切っていましたが、
やっぱり、完走するのは、気持ちがいいです。
心を入れ替えて、
完走を目指し、来年も挑戦したいと思います。